「弘前44(獅子)の会」は21日、弘前市の弘前パークホテルで「外崎修汰選手を励ます会」と題した激励会を初めて開いた。同会会員や地元関係者、同市の葛西憲之市長ら約350人が外崎選手の今季の活躍を喜ぶとともに、来季のさらなる躍進を願った。
 外崎選手は「来シーズンは、今シーズン以上の活躍をしたい。また来年、こういう会を皆さんと楽しめるように頑張っていきたい」と意欲を示した。外崎選手が使用した野球グッズを販売するオークションやりんご娘のミニステージも行われ、会場は大いに盛り上がった。
 外崎選手は同日、激励会出席に先立ち、葛西市長や外崎選手の母校・弘前実業高校OB会会長の平田博幸藤崎町長を表敬訪問し、今季の報告と来季への抱負を語った。
【写真説明】母校の児童と触れ合い、笑顔を見せる外崎選手(中央)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。