作業中に労働者が死亡する事故が増えている状況を受け、林業・木材製造業労働災害防止協会の県支部(齋藤渉支部長)は19日、緊急の安全大会を青森市内で開き、関係者約40人が労働災害を防ぐための意識を共有した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。