弘前大学(佐藤敬学長)は、学生支援や研究活動の充実などを目的とした「弘前大学基金」に対する青森トヨペット(大野亮社長)からの寄付金を元に「トヨペット未来の青森県応援事業(奨学金)」を創設した。弘大で県内就職を目指す本県出身学生への給付型奨学金で、2017年度は4人へ1人当たり25万円を支給する。18日は弘大で贈呈式が行われ、大野社長は「学生の皆さんが少しでも勉学にいそしむ時間を持てるよう支援を続けていきたい」と話した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。