韓国語を学ぶ人の発音や表現力を競う「話してみよう韓国語」青森大会が16日、弘前大学みちのくホールで開かれた。2人1組で台本の内容を表現する「スキットの部」の中高生部門では、雪田采音さん(聖愛高校)と長崎未麗さん(黒石高校)のペアが最高賞の最優秀賞に輝いた。
 大会は、県内の韓国語教室や韓国語サークルなどで組織する実行委員会と、駐日韓国大使館韓国文化院が主催。韓国語の楽しさに触れてもらうとともに、日ごろの練習の成果を発表してもらおうと開催し、今年で13回目となる。
【写真説明】スキットの部の中高生部門で最優秀賞に輝いた雪田さん・長崎さんペア

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。