青森市の浪岡養護学校(奈良親芳校長)は14日、同市の浪岡高校に県内唯一の車いすバスケットボールチーム「AOMORI JOPS」を招き、両校の生徒が車いすバスケ体験などを通じて障害者アスリートと交流した。
 浪岡養護学校の外部専門家を活用した交流及び共同学習推進事業の一環として、同校の交流校である浪岡高校で実施した。
【写真説明】「AOMORI JOPS」の選手と車いすバスケに挑戦する生徒ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。