弘前市は15日、市議会議員全員協議会で、中核病院の整備・運営主体を市が担うとする構想案と今後の進め方を説明した。市側は国立病院機構弘前病院の地域医療分野を吸収し、難病などの政策医療分野と役割分担しながら中核病院を運営したい考え方を示したが、議員からは「市の立場を一方的に聞いている状態」「このままでは市が孤立無援」など、関係機関や周辺市町村とさらなる連携を図るよう求める声が相次いだ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。