来年2月開催の「第42回弘前城雪燈籠まつり」の主役となる大雪像が13日、弘前市下白銀町の市役所本庁舎(前川本館・新館)に決定した。本館は“モダニズム建築の旗手”と呼ばれた建築家・前川國男(1905~86年)作。市内には“前川建築”が8棟あるが、大雪像のテーマに採用されるのは初となる。会期は2月9~12日の4日間で、会場は弘前公園。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。