県が主催する「きれいな水を守る子どもサミット」が9日、藤崎町文化センターで開かれた。山と川と海をつなぐ「水循環システム」について学んできた県内各地の児童らが、学習成果の発表を通じて水資源や環境保全の重要性に理解を深めた。
【写真説明】ステージ上で堂々と学習成果を発表する児童ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。