弘前市が整備・運営の主体となる新たな中核病院構想を葛西憲之市長が掲げたことを踏まえ、市は具体的な計画を策定する附属機関設置を検討していることが12日までに分かった。年明け以降に臨時議会を招集し、設置に係る関係条例改正や必要な予算の補正を行うことを検討している。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。