1998年に地域の交流人口増加を目指してオープンした平川市碇ケ関の「久吉温泉自然休暇村たけのこの里」。自然の中で釣りや温泉、宿泊が楽しめる施設として多くの来場者が訪れていたが、修繕費用が高額となることや維持管理が難しいとして、市は今年度で業務委託を終了し、事実上閉鎖することを決めた。地域住民からは「残念なことだが仕方がない」といった落胆の声が聞かれた。
【写真説明】1998年に開業した「たけのこの里」。客数の減少などにより今年度で営業を終了し、事実上の閉館となった

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。