弘前市防災マイスター連絡会(相馬勝会長)は9日、弘前大学総合教育棟で第1回除雪ボランティアコーディネーター養成講座を開いた。参加者が講演会や意見交換を通してボランティアの目的、本質について理解を深めた。
 講座は、雪処理の担い手の確保・育成へ向けた防災マイスターの知識と技術向上が目的。長岡技術科学大学の上村靖司教授とNPO中越防災フロンティアの木村浩和氏が講師として招かれた。
 10日は、除雪安全に関する講義や、正しいロープワーク、安全帯装着についての講習が行われる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。