首都圏での移住相談窓口「青森暮らしサポートセンター」が今年度上半期(4~9月)に対応した新規の窓口相談は49組で、前年同時期の25組に比べてほぼ2倍に増えていることが分かった。若年層や子育て世代の割合が増えているという。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。