天皇皇后両陛下や各宮家に献上するリンゴの選果、箱詰め作業が6日、黒石市の県産業技術センターりんご研究所で行われた。県東京事務所を通じ、8日に献上先へ届けられる。
 1928年に当時の知事が、県農事試験場園芸部(現りんご研)で収穫したリンゴを献上したのが始まり。一時中断を経て59年に再開した。今年は7カ所に「ふじ」1箱(10キロ)と「ジョナゴールド」「王林」の詰め合わせ1箱(同)を贈る。
【写真説明】丁寧に磨き上げられた献上リンゴ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。