7日は二十四節気の一つ「大雪」。雪が激しく降り始める時期とされる。6日の県内は、寒気や気圧の谷の影響で曇りや雪となり、津軽地方では時折雪が強く降った。県内全域で日中も気温が上がらず、真冬並みの寒さとなった。
 弘前市内では、雪がちらつく中、雪道を元気に散歩する園児の姿も見られた園児たちは「雪きれい」「寒くても負けないよ」と声を上げながら楽しそうに歩いていた。
 同気象台によると、7日の津軽地方は、気圧の谷や低気圧の影響で雪の降る所が多い見込み。
【写真説明】雪道の散歩を楽しむ園児たち=6日午前9時半ごろ、弘前市

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。