台湾・新北市の進学校である新店高級中学の生徒らが教育旅行(修学旅行)の一環で来青している。7日まで本県に滞在し、平川市内で農家民泊や黒石市の津軽伝承工芸館でこけしの絵付けなどを体験する
 県構造政策課によると、台湾からは2017年度、14校600人が来青する見通しで、本県のグリーン・ツーリズム推進に向けて活動する「アジアからの観光客誘致推進協議会」が設置された07年度以降では過去最高になる見込み。
 6日には、台湾・花蓮市の慈済大学付属高級中学の教育旅行団も青森市を訪れ、関係者から歓迎を受けた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。