本格的な降雪シーズンを前に弘南鉄道(本社平川市)は5日、大鰐線で排雪列車の試運転を行った“80歳”のラッセル車と“90歳”の機関車のベテランコンビが大鰐―中央弘前駅間約14キロを走行し担当係員らは機器操作などの習熟訓練をして冬場運行に備えた。
【写真説明】試運転で走行するラッセル車=5日午前10時10分ごろ、弘前市大沢

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。