「安東水軍」などの日本酒の醸造元として知られる鯵ケ沢町の尾崎酒造(尾崎大社長)で、伝統の寒仕込みが本格化している。5日は社員たちが、出来の良い新酒を造ろうと朝から作業に汗を流した。
 新酒は来年1月中旬か下旬ごろに出荷される予定。
【写真説明】新酒の仕込みを行う尾崎社長

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。