弘前市は4日、県、台湾・台南市との3者で友好交流に関する覚書を締結した。弘前市は2011年度から台南市と特産果実を中心とした交流を実施している。覚書の締結を契機に、さらに“果物交流”を深め、文化、観光、教育、スポーツなど多分野での交流も充実させる考え。弘前市にとっては、リンゴの輸出拡大や誘客促進につながるものと期待される。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。