29日未明、北朝鮮による弾道ミサイルが本県西方約250キロの日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下した。本県への被害は確認されなかったものの、落下地点は津軽地方に近く、不測の事態も生じかねない危険な行為だった。相次ぐ北朝鮮の暴挙に日本海側の漁業関係者からは「とても不安」「もうやめてほしい」などの声が上がった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。