陸奥新報社主催の歳末チャリティー2017「第34回年忘れ名士かくし芸大会」のプログラム=表=が決定した。今年は名士8組が工夫を凝らした寸劇や自慢のチンドン芸などを披露する。本番まで1週間余りと迫り、出演者は大賞を目指して練習に励んでいる。
 名士かくし芸大会は12月8日午後6時から、弘前市民会館で開かれる。入場券は全席指定で1500円。本社営業局事業部で販売している。大会収益金の一部は社会福祉のために役立てられる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。