弘前市の市りんご公園で栽培されているリンゴを使ったオリジナルシードルが12月1日、数量限定で発売される。公園内の「弘前シードル工房kimori」が醸造を担当した。酸味が強いという希少な品種「フラワーオブケント」をブレンドしており、ドライな味わいが特徴だ。
 シードルは700本限定。1本375ミリリットル入りで価格は1080円(税込み)。アルコール度数は5%。公園内のりんごの家売店と、楽天市場内の市りんご公園のウェブショップで取り扱う。
【写真説明】12月1日に発売となる市りんご公園オリジナルシードルの第3弾

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。