千葉県で10月に開催された第70回全日本新体操選手権大会の団体で4連覇を果たした青森大学男子新体操部の選手と中田吉光監督が28日、県庁を訪れ、三村申吾知事に喜びを語った。
 同部は予選、決勝ともにトップの得点をたたき出し、2位と1・425点差の28・762点で13度目の栄冠に輝いた。また、同大会では4年の永井直也選手が同大では5年ぶりに個人総合の頂点に立った。
【写真説明】4連覇を果たした青森大学男子新体操部の選手ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。