弘前大学人文社会科学部の学生と水産加工会社・あおもり海山(本社深浦町)がコラボし外国人観光客向けの土産品「無添加 天然本鮪(まぐろ)だし」を完成させた外国ではなじみのないだしを土産品として売り出し、帰国後も日本の味を楽しんでもらおうと企画。パッケージデザインにはこぎん刺しを採用し、包装紙の裏側に英語と中国語でだしを使ったレシピなどを紹介している。
 12月中旬から県内の観光施設などで販売予定。5グラム×4袋入りで価格は450円(税抜き)。商品の問い合わせは、あおもり海山の水産加工センター(電話0173―82―0577)へ。
【写真説明】地元企業とコラボし、外国人観光客向けの土産品として「無添加 天然本鮪だし」を開発した学生ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。