東北農政局県拠点は27日、2017年県産米の検査結果の速報値(10月末日現在)を公表した。農林水産省に届け出をしている登録検査機関が調べた結果、食卓で食べる「水稲うるち玄米」(検査数量15万3629トン)の中で品質が一定基準を満たした1等米の比率は、13~16年産の過去4カ年の平均比率約91・3%を上回る93・2%だった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。