弘前市の北辰中学校(佐々木康寿校長)は25日、同校体育館で立志式を行った。同校2年生が、将来なりたい職業や達成したい目標、それを果たすために何を頑張りたいかなど、未来の自分について堂々と胸を張って発表した。
 立志式は、生徒たちに目標を持って人生を歩んでほしいと毎年行われ、今年で46回目。
 式では、2年生46人が1、3年生や保護者らが見守る中、壇上で一人ひとり将来なりたい職業や、その理由、実現するための決意を大きな声で発表した。
【写真説明】将来の夢や目標について決意を述べる生徒たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。