青森市の浪岡中学校2年の葛西りまさん(13)=当時=がいじめを訴え、自殺した問題で父親の剛さんが23日、青森市内で開かれた、いじめに関するシンポジウムで「子どものいじめ自殺から見えてきた学校」と題して特別報告した。この中で、いじめに関する情報共有が学校内でなされていなかった実態を批判、適切な情報共有がなされていれば「最悪の事態は防ぐことができた」と訴えた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。