弘前市の弘果・弘前中央青果で22日、同市下湯口の岩崎智里さん(48)が生産した、来年の干支(えと)の戌(いぬ)や七福神、松竹梅といった縁起物などの絵柄が入った創作文字絵リンゴの競りが行われた。活発な競りとなり、鷹(たか)と松、虎と竹、龍と梅がそれぞれ描かれた3点物(ケース入り)には28万円の最高額がついた。
【写真説明】活発な取引となった岩崎さんの創作文字絵リンゴ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。