2019年に生誕110周年を迎える五所川原市金木町出身の文豪・太宰治の小説を実写化した映画「斜陽」が同年秋に公開を予定している。製作に先立ち、作品を手掛ける近藤明男監督、プロデューサー兼カメラマンの栗原隆一さんらが21日、県庁を表敬訪問。三村申吾知事に、作品の魅力を伝えた。
【写真説明】三村知事(右)らに作品を紹介する近藤監督

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。