モノのインターネット(IoT)による観光産業の活性化を図る「観光IoTフェア」が21日、青森市で開かれた。観光案内、多言語化、電子決済などさまざまな技術・サービスが紹介され、来場した県内の観光事業者が導入を探った。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。