弘前市のマルマンコンピュータサービス(長内睦郎社長)が開発した健康管理アプリ「健康物語」について、県職員を対象にしたアプリ検証サービスが12月から3カ月間実施される。参加者には腕時計型の情報端末「アップルウオッチ」が貸し出され、アプリの性能検証や県職員の健康に対する意識向上を図る。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。