一晩で辺り一面真っ白に―。19日の県内は冬型の気圧配置により、未明から津軽や下北を中心に雪が降った。午後6時までの積雪は青森市で12センチ、平川市碇ケ関で9センチ、弘前市で8センチを記録。また津軽地方全域で最低気温が氷点下となり、本格的な冬の到来を思わせる一日となった。
【写真説明】雪山の上で雪だるまを作って遊ぶ子どもたち=19日正午ごろ、弘前市清原1丁目

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。