第47回津軽王将位将棋大会(陸奥新報社主催、日本将棋連盟城下町弘前支部主管、県将棋連盟後援)が19日、陸奥新報社6階ホールで開かれ、91人が熱戦を繰り広げた。Aクラス(三段以上)は横山幸男五段(45)=弘前市=が5大会ぶりに栄冠を手にし、Bクラス(二段以下)は外崎敦士1級(弘前大2年)=同=が制して二段位免状を獲得。Cクラス(級位者)は平田公さん(45)=つがる市=、Dクラス(小学生または中学生以上の初心者)は畠山龍之介君(東館小5年)=大館市=がそれぞれ優勝した。
【写真説明】県内外から参加した91人が熱戦を繰り広げた津軽王将位将棋大会

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。