仕事と家庭を両立する働き方が求められる中、弘前市では「働き方改革」に向けた実証研究が始まっている。第1弾として、持ち出し可能のパソコンを使い、所属長の承認を得て庁舎外で業務する取り組みについて検証中だ。市は「仕事と家庭を大切にする働き方を発信したい」とし、さらなる実証研究にも着手する考えだ。
【写真説明】弘前市では持ち出しパソコンを利用した業務など働き方改革が始まった

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。