地域への恩返しをしようと、青森市の浪岡中学校(齋藤実校長)2年生33人が15日、同市の道の駅「なみおか」アップルヒルでボランティア活動をした。リンゴトーストの試食やリンゴのかぶり物を装着しての販売促進活動など、生徒自身が考えた方法で地元のリンゴをPR。地域貢献を通じて、住民たちとの交流も深めた。
【写真説明】自分たちで発案したユニークな販売促進活動でリンゴをPRする浪岡中生ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。