弘前市都市計画審議会(会長・北原啓司弘前大学大学院地域社会研究科長)は15日、弘南鉄道中央弘前駅前広場の面積を、現行の約1800平方メートルから約3100平方メートルに拡張する弘前広域都市計画道路の変更案を了承した。新たな都市計画決定を踏まえて今後、同広場周辺の活性化と交通結節点の機能強化が図られることになる。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。