県は14日、県産米「青天の霹靂(へきれき)」の2018年産作付面積を前年産より67ヘクタール上回る約1977ヘクタールに設定することを明らかにした。過去3年間の作付面積(実績)でみると、基本の作付面積2000ヘクタールに最も近くなる見込み。生産者は前年産より55経営体少ない853経営体の予定。同品種を試験的に海外へ輸出する方向性も明らかにした。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。