プロバスケットボール・Bリーグ2部(B2)の青森ワッツは14日、福島県の郡山総合体育館で福島ファイヤーボンズと第8節第2戦に臨んだ。前半は互角の戦いを演じたワッツだったが、後半に守りが崩れて86―105で敗れた。ワッツは3連敗となり、今季通算成績は2勝13敗。順位は変わらず東地区5位。
 第1クオーターはカイル・バローン、第2クオーターはジョセフ・バートンの活躍もあり、前半を42―41の1点リードで折り返したワッツ。
 しかし、第3クオーターに入ると守りが崩れ、福島に4本の3ポイントシュートを沈められるなどして8点を追う展開に。第4クオーターも立ち上がりから福島に連続得点を許すなど、じわじわと点差を広げられた。
 ワッツは次節(18、19日)、青森市のマエダアリーナで広島ドラゴンフライズと対戦する。
写真説明【第8節第2戦・青森―福島戦】第2クオーター、シュートする青森のジョセフ・バートン選手=郡山総合体育館