急速に進行する高齢化に対応し高齢者らの買い物を手助けしようと、五所川原市の七和地区活性化協議会(三上勝則会長)は13日、食材や生活用品などを積み込んだ移動販売車「七和楽々号」の地区運行をスタートさせた。同地区は「地域が一体となって安心して幸せに暮らせる地域コミュニティーを構築したい」と取り組みに期待を寄せている。
【写真説明】運行がスタートした移動販売車「七和楽々号」で買い物する住民たち

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。