弘前市出身でグローバル教育の研究・実践に取り組む木村大輔さん=東京都在住=が、15日からマレーシアで開かれるアジア教育サミットの全体会議に登壇する。2030年に向けた持続可能な開発教育をテーマに、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の代表らと進行役を務める木村さんは、本紙取材に「自分の経験など具体例を交えながら議論を進め、結果的にアジアの教育の底上げにつながれば」と意気込みを語った。
【写真説明】アジア教育サミットに向け意気込む木村さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。