プロバスケットボールBリーグ2部(B2)の青森ワッツは13日、福島県の郡山総合体育館で福島ファイヤーボンズと第8節第1戦に挑んだが、後半で相手に突き放され69―84で敗れた。今季通算成績は2勝12敗で東地区5位のまま。
 前半得点が伸び悩んだワッツだったが、ジョセフ・バートンが17点を奪う活躍を見せ、30―33で折り返す。第3クオーターは下山貴裕、會田圭佑、バートンの3連続得点で一時は同点とするものの、その後はじわじわと点差を広げられ49―57で最終クオーターへ。終盤に追い上げたが、逆転はかなわなかった。
 フリースローでの得点は相手が21点に対してワッツは7点と、成功率が明暗を分けた。
写真説明【第8節第1戦・青森―福島戦】第2クオーター、シュートする青森のジョセフ・バートン選手(中央)=郡山総合体育館

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。