本県などの農水産品を販売する、東京・神楽坂の「北のプレミアムフード館」(エス・シー・シー=清藤良則代表=運営)で11日、「丸ごと青森りんごカフェ」が始まった。
 県りんご対策協議会の「青森りんごでべっぴん倍増計画」とのコラボ企画で、26日までの期間中、県産リンゴを使った料理やスムージー、スイーツといった特別メニューを提供するほか、サンふじと王林を食べ比べる試食サービスもある。
 11日は、店舗前でミスりんごあおもりの平沼日菜子さんがチラシを配ってカフェをPRするとともに、カットしたてのサンふじと王林の試食(320食分)を呼び掛け、多くの通行人が足を止めて“旬の味”を楽しんでいた。
【写真説明】サンふじの試食には多くの通行人が足を止め〝旬の味〟を楽しんだ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。