ベトナム・ホーチミン市が直轄する公営企業「サイゴン商業公社(サトラ)」グループが、リンゴ生産量日本一を誇る弘前市で有袋栽培された「ふじ」「金星」を現地でカットリンゴに加工し、販売する新規プロジェクトを進めている。同市八代町のリンゴ加工業「ヒロサキ」の工藤信代表取締役の園地で生産したリンゴを使用。同社はカットリンゴのノウハウを含め協力する。ベトナムは経済成長著しい「有望市場」であり、弘前産リンゴの輸出拡大の一助になると期待される。
【写真説明】ベトナム・ホーチミン市の公営企業が弘前産リンゴを現地でカットリンゴに加工し、販売するプロジェクトを進める。写真は「ヒロサキ」のカットリンゴ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。