東京都などに店舗を構える高級フランス料理店「ラ・ロシェル」の常務取締役でテレビ番組で活躍する工藤敏之シェフらによる料理講習会が8日、青森市内で開かれた。県産米の新品種「青天の霹靂(へきれき)」などの県産食材16品目を使ったフランス料理がテーブルに並び、県内外の料理人ら約120人がトップシェフの技術を学んだ。
【写真説明】工藤シェフ(左)の技を学ぶ料理関係者ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。