弘前市が発注した青葉団地市営住宅の解体工事で、十分なアスベスト(石綿)対策が取られていなかった問題で、石綿を含有した建設資材が住宅解体後にリサイクルされ、既に流通している可能性があることが6日、分かった。法令では石綿を含んだ建材は「石綿含有産業廃棄物」として埋め立て処分しなければならないが、処分業者が無筋コンクリートやモルタルとしてリサイクル処分していた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。