県道路公社は7月19日から開始した青森空港有料道路の往復割引に伴う、3カ月間の交通量(速報値)の状況を明らかにした。10月18日までの全体の交通量は46万9718台で、前年度同時期より5万9028台(14・4%)増。このうち、復路が100円となる往復割引を利用したとみられるのは17万6825台で、全体に占める割合は37・6%となった。徐々に割引利用が増加する傾向にもあり、公社は「月ごとに利用台数が増えており、割引が認知されてきている」と話した。
【写真説明】割引利用が増加している青森空港有料道路の料金所

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。