第1回ベースボールフェスティバルin弘前(県高校野球連盟、県野球連盟主催)が5日、弘前市のはるか夢球場で開かれた。同フェスのメインイベントとなる弘前聖愛高校野球部と社会人選抜チームの交流戦では、声援が飛び交う中、白熱のプレーが繰り広げられた。熱戦の末、攻守で躍動した聖愛高が5―2で勝利を飾った。
 初回から聖愛高が勢いに乗った。1死二塁から葛西健太郎、倉本怜の連打などで3得点三回には倉本が左翼フェンスを越える本塁打を放ち、4―0とした社会人選抜も六回無死一塁で湊翔一郎(三菱製紙八戸クラブ)が2点本塁打を放ち2点差としたが、追い付くことはできなかった。
 同日は、同球場でリトルシニア(中学硬式野球クラブ)の交流戦や、キャッチボールの回数を競うミニゲームなども行われ、会場は大いに盛り上がった。
【写真説明】4点目となる左越え本塁打を放ち、笑顔で本塁へ走る聖愛高の倉本怜選手=はるか夢球場

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。