板柳町横沢のリンゴ生産・販売会社「成田りんご園」が10月、食品安全規格の世界標準であるグローバルGAP(適正農業規範)の認証を取得した。同町では初の事例。町がリンゴ産業の振興に力を入れているため、周囲からは安全性の証明による海外輸出の促進効果も期待される。同社の成田健二郎代表(73)は「安定生産の持続には外国に目を向けなければならず、その際にGAPは必須条件となる。多くの方に関心を持ってもらいたい」と認証取得の拡大を呼び掛けている。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。