世界各国の子どもたちで作る「世界一大きな絵」の一部分となる作品を弘前市の常盤野小中学校(蔦川俊之校長)の児童・生徒たちが完成させ、4日に同校体育館でお披露目した。「仲の良い仲間」「学校周辺の自然」「無限の可能性」を表した三つの気球が描かれた巨大画が訪れた人々の目を引いた。
【写真説明】「世界一大きな絵」の一部分となる作品の前で笑顔を見せる児童・生徒

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。