弘前厚生学院は3日、老朽化に伴い保存修理工事が進められている弘前市御幸町の国重要文化財「旧弘前偕行社」の修理現場を特別公開した。工事期間中は「素屋根」と呼ばれる覆いが建物全体に施されており、外部から見ることのできない文化財を市民らが間近に見学した。
【写真説明】間近で見る機会の少ない屋根窓を見学する市民ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。