エバー航空(台湾)の青森・台北定期チャーター便が3日午後、青森空港に初就航した。降り立った乗客147人はねぶた囃子(ばやし)やリンゴ贈答などの歓迎を受け、本県観光に胸を膨らませていた。記念セレモニーも行われ、関係者がテープカットで就航を祝った。
 エバー航空の定期チャーター便は来年3月13日までの間、毎週火、金曜に2往復を運航する。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。